【地域で安全に暮らしていくための学習会】

平成25年7月3日に「南区白根健康福祉センター」にて、学習会を開きました。就労Bの方々を対象におこないました。学習かいで説明してくれたのは、南警察署生活安全課係長 高野善治さまです。ワークセンターまめの木の利用者さん。地域活動支援センターあけぼののメンバーさん。それぞれ真剣に参加してくださいました。あると劇団の寸劇もありました。あとで、動画を載せたいと思っています。ご期待ください。とにかく、この地域で、安全に安心して、生活していきたいと願っています。

 

 

してはいけない×なことのときに高野さんからバツが出ます

高野さんがわかりやすくお話してくれました。

 

 

 

 

あると劇団

下着泥棒・・・人のものを盗んではいけません。

 

 

 

暴力をふるってはいけません。

痴漢など人の嫌がることをしてはいけません。

 

 

あると劇団の打ち合わせが短いながらうまくいったようです。

地域での生活を、「犯罪に巻き込まれず、犯罪を犯さず」安全に送っていきたいです。

今回は、してはいけないことを、我慢しょう。と、嫌なことをされたら【助けて】と声を出そう。を約束しました。又南警察のご協力をいただきつつ、学習会を続けていきたいと思います。

講師の高野様、参加してくれた利用者の皆さま、支援員の皆さま、あるとの専門員、最後に記録のフルショットビジョン斎藤様 感謝いたします。