救命講習

救命講習

本日、南消防署の署員の方から来ていただいて、救命講習を受けました。

今回はまめの木の職員も合同です。

救命講習の内容は、心肺蘇生とAEDの使い方を学びました。

胸骨圧迫はそこそこ力がいる上に、1分続けているだけでも腕がとても疲れました。

救急車が到着するまでの平均時間が6分と教わりましたが、6分続けるのは相当の力が必要です。

ですので、やり方のコツを講習などで覚えておく必要がありますね。

AEDの使用は、機器がメッセージを発してくれるのでそれに従えばいいのですが、機器を扱う人が冷静に対応することが大事ですね。

(ショックが必要な際傷病者から離れる、傷病者の上半身が濡れていたら拭いておくなど)