生活の中の「ほのか作品」

ほほえみ ほのかの「さおり」が、生活の中に溶け込んでいるお宅にお邪魔しました。携帯でとったので、せっかくの色味が、伝わらないかもしれません。でもその空間の中で、しっくりと主張していました。季節を変えて、模様替えをしていくそうです。

   このさをりは、横糸に「残糸」を一本一本手で織り込み時間をかけた作品です。ただのリサイクル作品ではないことは、この色の配列を見てわかると思います。素晴らしい才能をお持ちの作者さんです。こんな作品がどんどん作成されて、お客さんのもとへ届きます。作者さんたちは作り上げるのは楽しいけれど、手元を離れるのはさびしいそうです。まして、切り売りされると「少し落ち込む」とぽつんと言ってました。でもでも、その何倍も織っていく喜びは「お休みの日も、ほのかに来たい」ほどだそうです。  今後ともほほえみ ほのかの作品をどうぞよろしくお願いします。