ワークセンターあけぼの

施設の沿革

平成2年10月
精神障がい者社会復帰支援施設の早期開設を目指し、旧白根市保健福祉課が白根市保健センターにて「作業所」を試行(週1回)
平成3年4月
週2回試行開始
平成4年4月
「白根市作業所あけぼの」として正式に開所(週5回)
平成6年6月
移転(現子育て支援センターつくし園の一部にて)
平成15年9月
増築(現子育て支援センターつくし園の一部)
平成17年3月
新潟市合併に伴い、「白根あけぼの会(家族会)」が主体となり運営。「白根作業所あけぼの」に、名称変更
平成19年4月
政令指定都市移行に伴い、「南区あけぼの会」に名称変更し、「南区あけぼの作業所」となる。
平成20年4月
社会福祉法人白蓮福祉会の傘下に入り、「地域活動支援センターあけぼの」となる。
平成27年10月         ワークセンターあけぼの(就労継続支援B型)開所

基本方針

利用者の意志及び人格の尊重 作業訓練の実施 規則正しい日常生活の支援 仲間作りの支援

利用内容

利用者
精神障がい者
営業日
月曜日~金曜日(土曜日曜祝日等は休み)
時 間
9:00~16:00

日課の流れ

活動内容

作業内容
製品点検・梱包、各種箱折り、広告チラシ差込、ビニール袋折り、アルミ缶回収・古紙回収、自主製品(あけぼの雑巾、刺し子ふきん、アクリルタワシ)、南区農業体験事業
地域交流
しろね大凧合戦お祭り広場、SUN3福祉フェスティバル、南区健康福祉フェアにおいてバザー出店、ボランティアとの交流会

年間行事

●花見 ●調理実習 ●昼食会(レストランぱる) ●バイキング &視察研修  ●ボーリング大会 ●法人大運動会 ●グループ外出 ●忘年会 &クリスマス会 ●近隣施設交流会

 

自主生産品紹介

あけぼのでは、「凧絵の刺し子ふきん・雑巾・木製ピンチ・アクリルたわし」等、メンバーのみなさんが一つ一つ心を込めて作っています。

お問い合わせ

TEL:025-371-5005
FAX:025-371-5066
〒950-1425 新潟市南区上下諏訪木785番地1
お問い合わせはこちらのフォームからお送り下さい。

 

大きな地図で見る