ワークセンターほほえみ


平成29年1月から開所。(詳細をクリック)

施設の沿革

平成5年6月10日
小須戸町手をつなぐ親の会の強い熱意と関係機関の努力により、旧横水保育園現きずなの家の一室に開設
平成6年4月1日
新潟県単独事業の心身障害者援護事業の適用を受ける
平成15年12月21日
開所10周年記念式典を開催
平成17年4月1日
新潟市小規模福祉施設の補助金の交付を受けて運営する
平成18年10月1日
社会福祉法人 白根市中央福祉会の傘下に入る
平成19年4月1日
ワークセンターしらはす「ほほえみ事業所」(従たる事業所)となる
平成20年4月1日
ワークセンターほほえみ(就労継続支援B型事業)とし、障害福祉サービス事業所に移行

基本方針

社会的自立が難しくとも、毎日通所し、笑顔でサヨナラが言える施設であること。ひとりひとりを「主人公にすること」を心がけ支援すること。地域に根ざしていける様に地域にも保護者にも本人にも働きかけること。

 


利用内容

利用者
手帳を持っている人(3障害を対象)※受給者証が必要です
営業日
月曜日~土曜日(日曜祝日等は休み)※土曜営業は1~2回/月
時 間
9:00~16:00

日課の流れ


活動内容


作業内容
箱づくり、歯ブラシ袋入れ、特養清掃、学校トイレ清掃、メール便、古紙・アルミ缶回収、さき織り、さをり織り(ペンケース、メガネケース、バック等)、スマイル団子、生ゴミプラント、ビーズアクセサリー、オーラルピース
日中活動
●社会見学 年2回、あるゆる興味関心に挑戦する。利用者同士の司会進行により、外出先を決定する
土曜営業
●芸術体験(茶道、華道、書道、陶芸) ●調理実習 ●社会体験 ●外出・買い物 普段出来ない企画を立て、希望者が参加する
地域交流
●調理実習 ●外食 ●社会体験
バザーへの出店や公民館等における施設広報活動を行う。
日常生活
掃除、洗濯、休憩時のお茶だし、作業日誌の記録。その他礼状書き等

 

年間行事

●花見 ●花の輪パーティー ●地域に感謝する集い ●スポーツ交流会 ●クリスマス会 ●忘年会 ●新年会 ●ひな祭り会 ●音メール

自主生産品紹介

さをりは、布を織るというより、自分を織り込みます。無心に色を選んで、一人ひとり違う、世界でただい一つの作品に仕上げていきます。ふわふわ織りや、きっちり織り個性豊かな作品をお楽しみ下さい。

オーラルピースは「ネオナイシン」配合し、天然原料100%の飲み込んでも安心な口腔ケア製品です。

要介護の高齢者や重度の心身障がい者、闘病中の方、乳幼児をはじめ、誤飲の心配があったり口腔ケアが難しい方にお勧めです。

お問い合わせ

TEL:0250-38-3015

FAX:0250-47-6003
〒956-1425 新潟市秋葉区小向1744番地
お問い合わせはこちらのフォームからお送り下さい。

大きな地図で見る